« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

廃材の障子・・・もったいない

Img_5635
平川市役所前の 減築リノベーションの現場はいよいよ内装工事終盤
何故か解体時に捨てないで取っておいた障子 創作意欲が芽生えてきました
5258
ひとつは これ
和室の襖の明り取りとして 建具屋が製作中
Img_5970
もうひとつは これ
色々考えましたが 実用的なものへ再利用することに・・・・・楽しみです。
 
 

|
|

リノベーション現場 外観表る

Img_4397
 
Img_5899

減築大規模リノベーション工事 
外壁の吹付塗装後の風雪・凍害から塗装面を保護するため足場ネットは長くそのままにしていましたが、ようやく撤去され外観が表われました。  
イルミネーションのために足場を外さなかった訳じゃないよ

過去にサラリーマン時代 会社の命令で決算だからって 年末の寒い時でも吹き付け塗装して直ぐ引き渡しした外壁が 後々劣化が激しかった という事があったので

 

 

|
|

休みの日に思う「暖房感」

201397267813
明けましておめでとうございます 今年もどうぞ宜しくお願いします
 
休み中 OB客の方のご意見を頂戴する機会がありましたが・・・
ご家庭の奥様が一人留守番をしている時に 寒さを感じる時がある
そうなんです! この現象は 14年前に建てたオール電化住宅に住む我が家でもいつも言われていた事なのです、しかし外で働く私は夜に帰宅する時は家には家族が居るので 人の熱や炊事生活熱で ある程度家の中は温かいので 真冬に一人で在宅している時の寒さが知らない
また 職業柄 「高断熱性能の電化住宅は最強で 寒い訳がない」 というエゴがありました。
住宅展示場や完成見学会等 人が複数居る建物も建築関係者のエゴの中の空間であり、実際の生活する住宅とは違います。
 
特に出産後の女性は冷えを強く感じる傾向があるようです
また70代のお年寄りと40代の世代とも体感温度が全く違います
そんな事実も考慮した 暖房提案   これからも臨機応変におすすめしたいと思います。

|
|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »