住まい・インテリア

浴室リフォーム 想定内の問題

むかしのタイル浴室を解体してユニットバスにする工事中。                       想定内の白蟻被害です 柱と土台だけで済んでしますが2階の構造材まで登っていれば大変でした、 リフォームの場合チラシ広告金額では想定出来ない、家全体の性能にもかかわってくる事が沢山あります、過去に何回と工事こなしても 常に気を付けないといけませんね。
Img_1736_2 Img_1733_3

|
|

エコカラットに塗装

Img_1617
定番の旧イナックス(リクシル)のエコカラット
アマノジャクな性格なのでカタログ通りに貼るのは嫌いで その都度 変化させている訳ですが・・・・今回は 再利用したFFストーブのバック壁一面  貼った上から墨汁を水で薄めてすりこみました  より雰囲気が増します

|
|

リノベーション見学会

寒い家 床はぶよぶよ でも・・6年前に新装したユニットバスや洗面台はもったいないし・・・FFストーブはまだ使えるし
という事で 新築と費用や経費を比較しましたが リフォームのほうにメリットがあると判断した見学会です
Img_0304jpgwww
日時:8月5-6(9時~17時)
場所:平川市大光寺一滝本130-1
*派手なのぼり旗・誘導看板はありませんので 御迷いになった場合は0172-88-7785までご連絡ください。

|
|

カーテンは別業者に注文したほうが良い?

Img_1487_2

そろそろ カーテンを発注する時期の 某現場、 ある日の朝 お客様の仮住まいの住宅にこんなダイレクトメールが入っていました。  ふむふむ 安くできる努力はしてるし タイミング良く どこから聞きつけてきたのか お客様の仮住まいを探し出してくる 行動力には敬意を表します。

ただ 一連の住宅施工の中でもカーテンの工事の際、窓や、ドア、換気システム 等色々な仕上げ工事との関連性や 住宅のコンセプトの責任を担って 当初の総予算内でやりくりしてるのは元受けの我々です(全ての元受けが同じスタンスとは限らないけど)

泥棒猫には そのレベル以上の責任を負う事は出来ない のです。

 

|
|

リフォームの外壁は何がいい?

Img_1105 Img_1390
大規模リノベーションの場合 サイディングを貼るのがいいか? それともモルタル外壁を再利用か?   これはとても難しい判断ですが   この現場は最終的にはモルタルを再補修して 吹付塗装にしました。

|
|

リフォームの難しさ

Img_0842
建具屋と大工との会話
 
建具屋  「こんなに曲がった柱に合わせて襖つくるの?」
大工    「そうだ!俺たちはこういう現場でもなんとかやってる」
建具屋  「はははは」
大工    「やりがいあるだろ!」
建具屋  「しかたないな(笑)」
       「襖製作してから現場で調整するしかないな」
 

|
|

DiningBar内装工事

Img_0648
(そろそろ場所をお知らせします 弘前大学病院横です)
OPENまでもう少しです、この煉瓦貼り作業の途中(左側壁は壁紙です) 私の提案で 全くの素人のオーナーが作業やってます これをプロの職人に依頼すると 「某牛丼チェーンのレンガ壁」「スーパーマーケットのパン屋の壁」風になってしまいます。 今回の店のコンセプトは「オールドニューヨーク」

再度言いますが 料理の腕は私もわかりません(笑) でも こんな事を1回教えただけで器用に出来る若者だと きっと料理もいい味出せる資質があると思う訳です 

 

|
|

丸ごとリノベーションの外装

Img_0687
こちらは 一棟丸ごと大規模リノベーション の現場
既存のモルタル外壁を解体するべきか残すべきか!
これが新築orリフォームの分かれ道の判断基準のひとつでもありますが、丈夫なモルタルを手間をかけて解体してモルタルよりもメンテナンスが頻繁に必要な新建材サイディングをはるのは どうなの? という事で   今回も再利用可能な状態であったため残せるモルタルの洗出し壁は活かして進めています。

|
|

ライトアップのコンサルティング

Iii
Img_3936cr2
Img_4078cr2
Poo
昨年に引き続き ライトアップのコンサルティングをさせて頂きました。  今年は田舎館の新築に携わった電気工事業者も参加し、昨年よりも散策を意識した演出を試みました。
大鰐温泉つつじ祭り ライトアップ5月28日まで実施してます

|
|

減築切離し工事

道路歩道拡張につき 家屋を少しだけ減築しなくてはならない という工事です。
Img_0265_2  Img_0292
 
一部屋分 区切りよく減築 切離しをすればリフォーム会社は楽なんですが 大切な自分の家は少しでも残して使いたいですよね!  という事で切り離す時に屋根が落ちてこないようにあらかじめ基礎工事を内部から施工している様子  基礎が出来れば柱を立てて屋根を固定してしまうという計画です。

|
|

より以前の記事一覧